サンディエゴ:予選はドルダラーがトップ

ワールドチャンピオンが決勝レースに向けて好スタートを切った

Dolderer does it again


Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン第2戦サンディエゴの予選が開催され、ドイツ人パイロットのマティアス・ドルダラーが58.332秒で首位に立った。前日のフリープラクティスでは不調だったドルダラーだが、ワールドチャンピオンの実力を発揮した。

2位には僅差で米国人パイロットのマイケル・グーリアンが入った。一時は首位に立っていたグーリアンだが、後発のドルダラーが0.646秒上回った。3位にはマルティン・ソンカが入った。

予選最大のサプライズはマット・ホールだった。新機体に早くも対応したように見えるホールは、59.516秒を記録して4位に入った。続く5位にはホールから0.111秒遅れでピート・マクロードが入った。マクロード以下のパイロットは1分を切ることができなかった。

6位にはグーリアンと共に母国開催を迎えているカービー・チャンブリスが入ったが、本人は決勝レースのラウンド・オブ・14では更に上を目指すとしている。そして、7位にはフアン・ベラルデ、そして8位にはペトル・コプシュタインが入った。この結果、ベラルデとコプシュタインはラウンド・オブ・14で対戦することが決定した。

室屋義秀、ピーター・ポドランセック、クリスチャン・ボルトン、ニコラス・イワノフの4名にとって予選は忘れたい内容になった。全員がペナルティを受け、タイムを大きく落とした。

ミカエル・ブラジョーは午前中に行われた3本目のフリープラクティスで技術的な問題が発生した影響で予選をキャンセルしたため、予選最下位として決勝レースに進出することになった

 

マスタークラス:予選最終結果