伝説の航空機「DC-3」が幕張の空を舞う

現在、世界1周飛行中の名機を間近に見られる絶好のチャンス

6月3日(土)、4日(日)に開催されるRed Bull Air Race World Championship 2017シーズンの第3戦、「レッドブル・エアレース千葉2017」。そのサイドアクトの一環で、伝説の航空機として世界中のファンを魅了する「DC-3」が、会場となる千葉県立幕張海浜公園の上空に登場する。

双発プロペラ機の「DC-3」はダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した旅客機・輸送機で1935年に初飛行。その丈夫さ、低燃費、長距離輸送力により、航空産業を支えた往年の名機として名高い。しかし、今や飛行できる機体は世界で約150機に限られる。そのうちの貴重な1機がまもなく日本上空にその姿を現すのだ。

「ブライトリング DC-3」の飛行映像はこちら>>

 

幕張に飛来する「DC-3」の処女飛行は1940年。その後、アメリカン航空に納入され北米の民間機として世界各地で飛行を続けた。

そして2008年にはスイスの時計メーカー、ブライトリングによって完璧に修復され、「ブライトリングDC-3」ワールドツアーとして、2017年3月にスイス・ジュネーブを出発。中東、インドを経て東南アジアと、世界各地をまわりながら、日本へやってくる。(ブライトリングDC-3が日本で展示飛行するのは初めてのこと)

さらに、通常は旅客機として大空高く飛ぶフライトプランとなっているが、「レッドブル・エアレース千葉2017」ではスペシャル・サイドアクトとして、いつもよりも高度を下げて、低空周回(ローパス)しながら千葉の幕張海上を飛行する予定だ。その優雅な飛行姿を間近に見られるのは「レッドブル・エアレース千葉2017」の会場だけ。航空ファンはもちろん、老若男女、ファミリーまで、素晴らしい体験となるだろう。

 

◆Information

ブライトリングDC-3について、詳しくは下記Facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/breitlingDC3WTJ/

第3戦『レッドブル・エアレース千葉2017』の観戦チケット購入はこちら>>