ハミルトン社、レッドブル・エアレースのグローバル・タイムキーパーとなる

Hamilton

98年にも昇る航空業界との関係を誇るブランド時計が公式ワールドチャンピオンシップとの協力関係を拡大。記念に新しいスペシャル・エディション・ウオッチを発売する。

ザルツブルク(オーストリア)ーレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップはハミルトン社との協力関係を拡大し、グローバル・タイムキーパーに決定したと発表した。このブランド時計は一世紀近くもパイロットに愛用されて来ている。ハミルトン社は2月10−11日にアブダビで開催される新シーズンの開幕戦から、この任務を遂行する。アブダビ大会はレッドブル・エアレースの第75戦にあたり、ダイアモンド祝賀イベントが予定されている。

アメリカ精神とスイス精密機器を備えていることで知られるこのブランド時計は、2005年以来レッドブル・エアレースと協力関係にあり、マスタークラスのフランス人パイロット、ニコラス・イワノフがハミルトン大使として飛行して来た。ハミルトン社と公式ワールドチャンピオンシップの協力関係拡大は、この時計会社の航空業界と長い繋がりを新たなレベルに押し上げることを意味する。ハミルトン社は1919年に「空で時間を計り」始めた。この時代のパイオニア的パイロットがこの社の時計や航空機器を信頼したためだ。

航空業界との新たな一歩を記念するため、ハミルトンは2017年にスペシャル・エディションの時計カーキ・エアレースを発表する。この時計は特別なスタイルで、ハミルトン社の人気カーキ・アビエーション・ラインの二つのユニークなバージョンとなる。一つは公式タイムキーパー・デザイン。もう一つはチーム・ハミルトン・イワノフ・モデルだ。カーキ・エアレースについての詳細は今後発表される。

「レッドブル・エアレースとハミルトン社は10年以上にわたり協力関係にあります。丁度、ワールドチャンピオンシップ第10年に当たる2017年に、協力関係が深まることは機を得ています。」とレッドブル・エアレース社のゼネラルマネジャーのエーリッヒ・ウオルフは語った。「我々2社はともに、航空業界への情熱と最高なもの求める追求精神を持っています。面白いレースでいっぱいの新たな1年が楽しみです。」

ハミルトン社のCEOシルバン・ドラは、「私たちのブランドには航空業界で愛用されて来たという誇り高い歴史があります。ワールドチャンピオンシップとの協力関係が発展し、さらに航空業界でのプレゼンスが強まることになりました。ハミルトン社はアビエーションウオッチをもっと良いものにするつもりです。私たちは2017年レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの公式タイムーキーパーになったことを誇りに思います。」