ダニエル・リファ

Daniel Ryfa, 2017

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

スウェーデンのトップエアロバティックパイロットDaniel Ryfaは、数々の国内及び北欧の大会で好成績を収めてきた。ストックホルム出身のRyfaは2歳から飛行機に興味を持ち始め、10代でライセンスを取得。以降、エアロバティックへの興味を募らせていった。

14歳でグライダーの操縦を始めたRyfaは、2005年からエアロバティックの大会に参加。自身初の大会となった北欧選手権では見事2位に入り、その後2009年にはヨーロッパ選手権のアドバンスクラスで優勝した。

Ryfaは2008年まで民間機パイロットとして活動していたが、その後は航空ショーパイロットとしての活動に専念。尚、パイロットとして優れたスキルを持っている彼は、様々な機体の操縦経験を持っており、2002年にPitts S1Cでデビューすると、2007年にYAK55Mに乗り換え、2010年からはSukhoi SU26に搭乗した。

2010年にRed Bull Air Race Qualification Campに参加したRyfaは、2014年からRed Bull Air Raceへ正式参加することになった