ダニエル・ジェネヴェイ

Daniel Genevey

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

ダニエル・ジェネヴェイは、民間航空機パイロット、メカニカルエンジニア、ハンガリー代表エアロバティックスチームメンバーと複数の顔を持つ人物で、エアロバティックスチームではヨーロッパ及び世界レベルで戦った経験を持っている。

現在ジェネヴェイと家族はハンガリー・ブダペストに住んでいるが、ジェネヴェイはグローバルな経験を持つパイロットだ。グアドループで育った彼は、幼い頃は模型飛行機を使ったエアロバティックスを楽しんでいたが、その後フランスへ渡って工学を学ぶと、更には米国へ渡り、バージニア工科大学で機械工学の修士課程を修了。その後は、メカニカルエンジニアとして欧州宇宙機関で使用されるロケットエンジンの共同開発に携わった。また同時期に民間航空機パイロットのライセンスを取得してエールフランスに就職。現在も副操縦士として勤務している。

パイロットライセンスを取得した直後からエアロバティックスのトレーニングも開始していたジェネヴェイは、2011年にはフランス選手権アドバンストクラスで優勝。その後はエアロバティックスのすべてを学んだ母国ハンガリーに戻り、同国代表としてフライトすることを選択した。

ハンガリー代表エアロバティックチームでのジェネヴェイは、最高レベルのアンリミテッドクラスに参加しており、参加2年目には同カテゴリのトップ10に入る活躍を見せた。航空の世界に情熱を注ぎ続けているジェネヴェイの飛行時間は計5,500時間以上を数えるが、Red Bull Air Raceチャレンジャークラスは未知の世界になる。

ジェネヴェイは「この新しいフライトに求められるものが大きいことは十分に理解していますが、長年夢見ていた新しい世界へ踏み込むには最高のタイミングだと思っています。Red Bull Air Raceへ参加し、これまでとは違ったパフォーマンスとレースを経験したいですね。パイロットとしてのキャリアにおいて、最大のチャレンジになるでしょう」とコメントしている。