マルティン・ソンカ

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

Martin Sonkaは、10年に渡るアエロバティックの経験を持つ優秀なチェコ空軍パイロットとして知られている。物静かだが強い意志を秘めているSonkaは2010シーズンにRed Bull Air Raceデビューを飾った。Sonkaは結果を急ぐのではなく、自分のスキルの向上にフォーカスした冷静なスタイルを貫くことで継続的な成長を続け、結果的に多くの注目を集めることになった。

我慢強くチャンスを待つその姿勢で、ゆっくりと階段を上るように成長していったSonkaはその年のニューヨークとドイツ・ラウジッツで共に11位という好成績を残した。尚、Sonkaはチェコ空軍の戦闘機L-159 ALCAのパイロットを務めながら同軍のディスプレイチームのメンバーとしても活動しており、またチャースラフ空軍基地の第211戦術飛行中隊で超音速機JAS-39の操縦も担当している。

「Red Bull Air Raceへの参加は僕にとって非常に大きな出来事だったし、自分が成長する様子が確認できたのは楽しかった。デビュー戦は本当に特別だった。参加するなんて信じられなかったけれど、アブダビのハンガーで機体に自分の名前が書かれているのを見て、『本当に飛ぶんだ』と実感したよ。Red Bull Air Raceはそのすべてが魅力的だ。自分のすべてを注ぎ込むことができる。このレースでの飛行は、パイロットにとっては本当に魅力的で、素晴らしいものだと思う。高速低空飛行は凄い体験だよ」

少年時代、12年間に渡り器械体操選手だったという経歴を持つSonkaは、2005年にアエロバティックチェコ代表に選出され、2006年からはアンリミテッドクラスを主戦場に活躍している。Sonkaはこれまでにアンリミテッドクラスで4度のタイトルを獲得しており、2011年にはフリースタイル世界選手権2位の成績を収めている。

尚、2010年に31歳の若さでRed Bull Air Raceに参加したSonkaはPete McLeodに次ぐ史上2番目に若いパイロットとして記録されている。