メラニー・アストル

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

メラニー・アストルは全仏アエロバティックチャンピオンに5度輝いた女性パイロットで、エアロバティックのヨーロッパ及びワールドランキングでトップ10に入った経験を持つ。2016シーズンからチャレンジャーカップに参加する彼女は、Red Bull Air Race史上初の女性パイロットとしてその歴史に名を残すことになる。

アストルは、逆境にめげることなく自分の情熱を貫き通してきた。18歳で学校を中退して働き始めた彼女が、その後子供の頃からの夢だったパイロットになるとは誰も信じていなかった。ガソリンスタンドで働き始めた段階で、彼女のその夢は潰えたように思えたが、たゆまぬ努力を続けた彼女は複数のガソリンスタンドを束ねるマネージャーになり、21歳から貯金を使って飛行訓練を受け始めると、エアロバティックへの転向1年目でフランスカップのエスポワール(新人)カテゴリ優勝を記録した。

その後順調に成長を重ねていった彼女はフランス選手権優勝などを経験しながらカテゴリを上げていき、結果的にフランス代表エアロバティックチームに選出された。2014年にエアロバティック世界選手権アドバンスクラスで総合7位、女子1位の好成績を残すと、2015年はアンリミテッドクラスで女子5位に食い込んだ他、エアロバティック世界選手権アンリミテッドクラスにフランス代表メンバーとして参加し、見事優勝を果たした。

「偉業を成し遂げる唯一の方法は、好きなことをやることだ」という故スティーブ・ジョブスの名言を好きな言葉として挙げるアストルは、「学校で優秀な成績を収めるより、その方がよっぽど大事よ」と続けている。