アブダビ:ソンカがキャリア初優勝

2017シーズン開幕戦はチェコ人パイロットが優勝した

Sonka wins in Abu Dhabi

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン開幕戦アブダビの決勝レースが開催され、マルティン・ソンカがファイナル4でこの日最速に近いタイムを叩き出して優勝。念願のキャリア初勝利を挙げた。

そのファイナル4では、キャリア初のファイナル4進出を果たして勢いに乗っていたスペイン人パイロットのフアン・ベラルデが2位に入り、3位にはカナダ人パイロットのピート・マクロードが入った。4位には2016シーズンのワールドチャンピオン、マティアス・ドルダラーが入った。

DQを3回記録するなど、2016シーズンを不調のまま終えていたソンカはこの勝利で復調をアピール。2017シーズンに向けて好調な滑り出しを見せた。

ファイナル4では、まず1番手のマクロードが54.632とまずまずのタイムを記録。コックピット内のマクロードは満足している様子に見えたが、優勝に十分なタイムではないことは理解していたはずだ。

そして、2番手に登場したソンカがマクロードを1.493秒上回り、暫定首位に立った。続く3番手には王者ドルダラーが登場したが、0.088秒ソンカを上回ることができなかった。しかも、フィニッシュ後にゲート14の進入姿勢で2秒のペナルティを課せられ、表彰台さえも逃してしまった。

最後に登場したベラルデは、表彰台に登るためには何が必要かを十分に理解していたようで、パーフェクトなフライトを披露。ソンカのタイムには届かなかったが、初のファイナル4進出で見事に2位を記録した。

■アブダビ:マスタークラス・ファイナル4結果

■Red Bull World Championship:マスタークラス総合順位